株式会社エネサンスホールディングスのサイトです

エネサンスが求める人材

採用に関するQ&A

人と仕事を知る TOP

Q
仕事内容を教えてください
戸建やアパートなど、弊社でガスを供給しているお客様のお宅を訪問し、検針や集金業務のほか、ガス設備の保安点検を定期的に行い、ガス器具等に不良箇所があれば修理や買い替えの提案を行っています。
最近では、家屋全体に視野を広げ浴室やキッチン、トイレ、床、外壁などのリフォームや、家電・セキュリティ・太陽光発電など、家庭に関係するほぼ全ての商材をお客様の家庭環境に合わせて積極的に提案しています。
「ガス」という家庭に身近な商材を扱っているからこそ、お客様が抱える問題点を発見するチャンスが多くあり、それらの問題点やニーズを汲み取り、改善・提案していくことでお客様との信頼関係も生まれてくるものだと思います。
お客様にとって「暮らしのサポーター」となれるよう、日々営業活動を行っています。
Q
成長できたと感じる点はなんですか?
入社した頃より、「お客様のために何が出来るか」を日々考えるようになったことです。
ガスという商材はほとんどお会いしたことが無いお客様でも、毎月ガス料金が計上され料金を支払って頂いています。
そうしたお客様に対して私達ガス会社の立場からできることは、お客様に安心してガスを使って頂く事だと思います。
最近では訪問した際にコンロの清掃やガスホースの交換、ボンベチェーンの交換等のサービスを行い、お客様に安心してエネサンス新潟のガスを使ってもらえるよう心がけています。 
そうした些細なサービスを行うことでもお客様から非常に感謝され、またそれが自分自身のやりがいにもつながっています。
お客様にとってどんなサービスが一番良いのか、これからもどんどん考えていきたいと思います。
Q
入社前とのギャップはありますか?
入社前と大きなギャップはありませんでしたが、良いギャップとして、自分が考えて企画・提案したことが自由に実行できる環境があることに驚きました。
例えばお客様に提出する提案書・見積書等は、雛形にこだわらず自分で考えて作成した資料等を添えて提出しています。
「どのようにすれば理解してもらえるか」、「どのようにアプローチすれば興味を持っていただけるか」などを自分で考え自由に実行できることは、仕事をする上での楽しみでもあります。
こうした企画や提案は、先輩・後輩の垣根を越えて社内全体で共有し、どんどん会社を盛り上げていきたいと思っています。
就職活動を行う学生のみなさんへメッセージ

なかなか内定が出ない時期は「自分は本当に必要にされているのだろうか。」と思い悩むことが多くあると思います。
私の場合、内定が欲しいために「丁寧な履歴書」、「的確な受け答え」などの部分だけが強く、「本当にその会社に入りたいか」という意志は弱かったように思います。
そうしたときにエネサンス関東の会社説明会に参加し、その会社に入りたいのであればしっかり自分の意思を表現することが大切だと改めて気づくことができました。
説明会や面接等で、型にはまるのでなくしっかり自分の意思を、姿勢や態度・言葉で伝えることは本当に大切だと思いますし、面接官の方はその部分をしっかり見ています。
最後まで諦めなければ必ず報われると思いますので、粘り強く頑張ってください。

人と仕事を知るTOP