社長挨拶

株式会社エネサンス北海道
代表取締役社長 柵山 臣

ENESSANCE = ENERGY & RENAISSANCE

新たな「エネルギー」の形を未来に向けて、
「創造」しつづけてゆく

エネサンス北海道は、1960年3月、住友石炭鉱業㈱の100%出資会社として札幌市に誕生しました。以来半世紀以上に亘って北海道各地域にエネルギーを供給してまいりました。
現在は、株式会社エネサンスホールディングスの100%出資会社として地域に根差した経営をしております。

エネサンスグループでは、「コンプライアンスは全てに優先する」を経営の最優先事項として、法令遵守は基より、高度な保安レベルを維持して事業活動を行っております。
北海道特有の積雪・寒冷地対策を施し、保安の高度化を図っております。
昨今の異常気象による日本各地の災害では、分散型エネルギーの代表格であるLPガスが、素早く災害復旧の一翼を担っております。
また、CO2の排出量が少ないLPガスは地球温暖化対策にも大きく寄与するエネルギーです。

人口減少、過疎化が大きな社会問題となっておりますが、エネサンス北海道は地域に根差し、お客様に寄り添って困りごとを解決してまいります。
これからも、エネルギーと生活関連分野のトータルコーディネーターとして地域に密着した事業活動を行ってまいります。