社長挨拶

 

株式会社エネサンス北海道
代表取締役社長 今泉 光弘

ENESSANCE = ENERGY & RENAISSANCE

新たなエネルギーの形を未来に向けて創造しつづけてゆく

エネサンス北海道は、1960年3月、住友石炭鉱業㈱の100%出資会社として札幌市に誕生しました。以来60年以上に亘って北海道各地域にエネルギーを供給してまいりました。

エネサンスグループでは、「コンプライアンスは全てに優先する」を経営の優先事項として、法令遵守はもとより高度な保安レベルを進化させながら事業活動を行っております。
更に自然災害対策と北海道特有の積雪、寒冷地対策を施し保安の高度化を図っております。
環境負荷低減が求められるなか、低炭素で劣化しないLPガスは脱炭素の移行期間に大きな役割を果たすとされ、分散型供給で災害に強い最後の砦となるエネルギーと言われています。

エネサンス北海道は”あたりまえに あったかいくらし”あたりまえを何の心配もなく実現する会社としてお客様に寄り添い貢献してまいります。
これからも、エネルギーと生活関連分野のトータルコーディネーターとして地域に密着した事業活動を行ってまいります。